アーカイブ

日本でも必要に

グローバル化が進む中、日本でも年々英語の必要性が高まっています。
多くの会社が社内公用語に英語を採用していますし、海外との取引は今後も増えていくことが予想されるために日本人でも英語が話せる人材の必要性が高まっています。
日本では中学高校と英語を必修授業として学んでいますが、日本の英語教育は他国に比べてかなり遅れているのが実情です。
6年間の英語学習を終えても、基本的な会話すら出来ないという大人が多いんです。

その中で、最近は中学高校だけでなく小学校でも英語が必修となりました。
より幼いうちから触れていくことで、苦手意識をなくそうと考えられているんですね。

しかしそれによって、以前よりも英語についていけずに取り残されてしまう生徒が増えてしまうことが心配されています。
デキる子とデキない子の差が広がってしまうのではと懸念されているんです。

そこで、小学生の子を持つ保護者の方には、ぜひ早めに塾や家庭教師を取り入れることをおすすめします。
塾や家庭教師に小学生のうちから通わせることに抵抗がある保護者の方もいらっしゃるかもしれませんが、学校の授業だけでは不十分です。
何も毎日のように塾や家庭教師で放課後を埋め尽くせと言っているのではありません。

週に1日でも2日でも、学校の授業以外で勉強をする機会が重要なんです。
国語や算数などの他の学習でもそうですが、早めに塾や家庭教師を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめサイト

塾なら兵庫で指導に定評のある|個別指導塾スタンダード